プロフィール

東大卒、新米パパの子育てメモ、ヒント集です。知育、子育て、教育、健康、投資、節約術といったお役立ち情報をご提供します。

過去の投稿

スポンサーリンク

家庭保育園 11ヶ月目の様子をブログにします!②

家庭保育園11ヶ月目のプログラム

その1に続き、家庭保育園11ヶ月目のプログラムを見ていきましょう。

発語

音をまねようとする。語り掛けを多くしてきた赤ちゃんは、ブーブー、ウマウマ、わんわん、などを言える。まだしゃべらない場合は、語りかけを多くする。同じ言葉を多く聞かせる。具体的にものを見せて教えるとよく覚える。赤ちゃんと顔を合わせて、にこやかに「あ・い・う・え・お」をいう。基本となる5つの母音を聞かせる。英語の歌を聞かせる。論語素読CDを聞かせる。積み木遊びをする際に、自分も並べたり押したりすると、大人との共同作業の中で遊ぶようになる。この時、あー、崩れた、高いぞ、高いぞ、と声をかけながら遊ぶこと。遊びになかに楽しい笑いがあることが大切。→言葉は喃語を話すようになっています。ほかの子供と触れさせるのも大切かと思います。1歳の友達の子供が、「うー」と、何かを伝えたいときに言っていましたが、それを真似て、うちの子も「うー」というようになりました。

言語理解

バイバイ、さよならの言葉に反応する。絵本を毎日読んで聞かせる。絵カードとり遊びを始める。英語のCDを聞かせる。→英語はディズニー英語を見せたり、Netflixの英語のプログラムを見せているのですが、どうでしょうか。英会話教室にも週に1回通っているので、その効果が出てくるといいのですが。友達の子供は、パパが英語で話しかけていて、1歳で英語をしゃべっていたので、それを真似たいと思います。

その3に続く



スポンサーリンク

コメントをする





CAPTCHA


ページトップ